口腔ケアとは?:訪問歯科治療

訪問歯科治療

口腔ケアとは?

「口腔ケアは口腔に関わる生理、機能、審美の改善保持を通して、全身の健康の維持増進を計るためのトータルケアである」とされており、口腔疾患の予防のみならず、誤嚥性肺炎の予防や、栄養状態の維持改善など、全身の健康維持に欠かせないケアです。

口腔ケアを必要としている人は、身体機能の低下に加え、多くの場合摂食・嚥下障害など何らかの口腔機能の低下がみられ、器質面だけでなく機能面からのケアが欠かせません。口腔ケアは、口腔内の歯や粘膜、舌などの汚れを取り除く器質的口腔ケアと口腔機能の維持・回復を目的とした機能的口腔ケアから成り立っており、このつが、うまく組み合わされることで、口腔ケアの効果がさらに高まります。

口腔ケアの目的
  • 1. むし歯、歯周病の予防
  • 2. 口臭の予防
  • 3. 味覚の改善
  • 4. 唾液分泌の促進
  • 5. 誤嚥性肺炎の予防
  • 6. 会話などのコミュニケーションの改善
  • 7. 生活のリズムを整える
  • 8. 口腔機能の維持・回復につながる

口腔ケアの主な効果

『口の中をきれいにして防御機能を高めましょう!』

私たちの体は普通、細菌やウイルスが侵入しようとした時、異物を侵入させまいとする防御機能を持っています。例えば鼻に鼻毛が生えているのはそれで、異物侵入を防ぐために鼻毛に絡めとったり、くしゃみで外に飛ばしたりします。そして口は口から入ろうとすると、唾液に含まれた抗菌物質で弱らせ喉へと侵入しにくくしています。

しかし、口の中が汚れていると防御機能がうまく働きません。口腔ケアは口の中をきれいにして唾液が良く出るようにしたり、口の中に入ったインフルエンザウイルスや風邪の細菌を洗い流せるという効果があります。

要介護高齢者などによくみられる義歯の汚れ
ご予約・お問い合わせ

TEL.078-577-2100