矯正歯科

矯正歯科

矯正治療を行うにあたって

矯正治療は細心の注意をもって行われますが、治療とはかかわらず、以下の事 がおこる場合があります。

  • 矯正期間中に虫歯、歯周疾患が発症もしくは悪化した場合や、補綴物による治療及び改善が必要となった場合、矯正治療を中断し必要な治療を受けて頂くことがあります。
  • 矯正治療に伴い歯根の吸収が生じることがあり、それに伴い場合によっては、歯髄(歯の神経)が失活することがあります。
    そのときは矯正治療を終了し、必要に応じて処置を受けて頂くことがあります。
  • 矯正治療中、歯と歯槽骨との癒着が判明した場合、必要に応じて補綴処置または外科処置を受けて頂くことがあります。
  • 治療期間中に顎関節症が発現した場合、矯正治療を一時中断もしくは終了し、顎関節の治療を受けて頂くことがあります。
  • 年齢や体質、歯の形態、歯の移動量により、歯と歯ぐきの間に空隙(ブラックトライアングノのが生じたり、歯肉が退縮する場合があります。
  • 矯正治療に用いる装置や材料に対し、アレルギーがあると判明した場合は矯正治療を中断することがあります。
  • 顎の成長、悪習癖、患者様の協力不足、環境の変化など、予測出来ない条件により使用装置、抜歯の本数、外科手術、治療期間など治療内容の変更、もしくは中断することがあります。
  • 歯の移動は阻嶋機能や形態上の理由で制限を受けることがあります。
    治療目標の設定及び治療終了については歯科医師の判断に委ねてもらう必要があります。
  • 治療終了後、明嘱筋や舌の機能・習癖により、若干の歯の移動があります。また、治療後は保定装置を指定した期間装着して頂き、歯の移動を防ぐ必要があります。
  • 治療期間は、体質や患者様のご協力状況(歯面清掃を含む)により変化する場合があります。
    予めご了承下さい。
ご予約・お問い合わせ

TEL.078-577-2100